セガMJ5EVOの神龍を目指す道シーズン4 と ひとりごと をつづるブログです

2012/03123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは

ジョルジュです。


前回の記事の予告通り、五輪について記事にします。


本日は「男子柔道で金がないのは史上初」ということについて書こうと思います。


ロンドン五輪では、男子柔道で金が取れず、これは前回の北京オリンピックでの課題が浮き彫りになった結果ではないかと思います。

日本の柔道は、綺麗に技を決めて一本を取るという、美しい柔道をやってきたように思うのですが、ここ最近は、海外勢の圧倒的な力技で強引に技をかけ、一本でなくても有効や技ありを狙いに行き、勝ちに行くという柔道が多くみられるように思います。

日本選手が技をかけ、それを力で返されて逆に一本を取られるケースも見られます。


日本がオリンピックで勝つためには、「筋力の強化」が必要ではないでしょうか。


日本選手が技をかけているのは観ていてもわかります。
しかし、点数にならないのは、力でねじ伏せられていないからではないかと思うのです。


ちなみに、柔道の話は麻雀にも例えられるような気がします。

これまでの一本柔道は、「鳴かない。リーチをかけて上がる」というもので、技(リーチ)をかけるまでは守備力があり、決まれば(上がれば)打点が高い戦術です。

しかし、最近の柔道は、効果・有効・技ありを取って最後に勝つというもので、これは近代麻雀の主流となっている「鳴いて軽く上がり、局を流し、結果TOP」と例えられるような気がします。

麻雀の変遷を考えると、柔道も同じ道をたどるのではないかと思います。


点数を取った方が最終的には勝つのです。
点を少しでも取り、守備固めをするという戦術は、一発よりも勝つ可能性が高いように思います。


柔道に芸術点があれば別ですが、技による点数のみの判定である限り、日本の柔道も改める時期に来ていると考えます。


金こそはなかったものの、銀・銅メダルをいくつも獲得していることから、力は十分にあるのです。

あと一歩の筋力を手に入れ、次回の五輪では金メダルラッシュを期待したいものです。



・・・と、ここまでは「オリンピック」で勝つためのことを書いてみたのですが、柔道とはそもそも武道であり、心技体を重んじます。

軽く技をかけて点を取り、かけ逃げなどで時間を稼いで勝つという「競技」とは一線を画すと思います。

柔道の発祥国である日本は、今後も心技体を貫いて、オリンピックでも金メダルを獲得してほしいものです。


ちなみに、ジョルジュは柔道はおろか、武道をやったことがないので、考え方が間違っていることもあると思います。

詳しい方、コメントをお待ちしております!

それではまた!
スポンサーサイト
7月27日から始まったロンドン五輪。

日本は38個という最多のメダル数を獲得し、8月12日に閉幕となりました。

仕事の追い込みで疲れ果てた私の心に、元気をくれた日本選手全員にありがとう!

べっ、別に病んでいませんよ・∀・キリッ




お久しぶりです。

ジョルジュです。


「激務という名のトンネルを抜けると、そこは暑い夏だった」

本当に月日が経つのが早いですね。

今年3月に休止宣言。

仕事の多忙さで、ブログ活動のエネルギーはなく、余裕がなくなってしまいました。

年度が変わっても、多忙さはあまり変わらず、6月からは年度末並みの忙しさ。

8月に入り、ようやく仕事が一段落となりました。

また今月末頃から忙しくなり始めますがががorz


久しぶりの更新ということで、どうも文章が書けません。

前から書けていませんがw←



今日は、ロンドン五輪の感想でも書こうと思います。

日本のメダル数は、史上最多の38個。

金が7個、銀が14個、銅が17個。


パッと思うのは、「初めてのメダル獲得」「久しぶりのメダル獲得」というものが多かったように思います。

だからこそ、最多になるわけですけどね^^;


私の中の五輪を振り返ってみようと思いますw

私のロンドン五輪初のガッツポーズは、重量挙げの三宅選手をLIVEで観ていて、メダル獲得を決めた時でした。

最後は挙げきれませんでしたが、その姿に心の中で拍手していました。


男子テニスでは、メダル獲得にはなりませんでしたが、錦織圭がベスト8進出を決めた時はガッツポーズでした。
今後の活躍に期待です・∀・

サッカー男子、華麗なパス回しと相手への執拗なプレッシャーによるスペイン戦勝利は素晴らしかったです。

サッカー女子準決勝での勝利。素晴らしかったです。

アーチェリー男子、古川選手の準決勝と決勝は固唾を飲んで観ていました。

準決勝での土壇場で追いついての、延長戦1打勝負は鳥肌が立ちました。

決勝では終盤に失速してしまいましたが、堂々の銀メダルは感動的でした。


そして、五輪で一番鳥肌が立ち、力強くガッツポーズしたのが、バドミントン女子ダブルス決勝でした!

1ゲーム目は完全に中国が強く、力の差を感じたのですが、2ゲーム目は神的な展開でした。

中国のスマッシュにも粘り強く耐え、点を取る。

デュースからの23-25の決着までは強く印象に残りました。

ガンバレ、負けるな。

中国の声援にも負けるな。

そんな気持ちしかありませんでした。

人生で苦しいときには思い出そうと思います。



そして、最後はバレーボール女子、ようやく手にできたメダル。

相手が韓国ということで、ここ最近の日韓戦を踏まえると、
十分勝てるだろうとは思っていましたが、無事勝利してよかったです。


以上が、LIVE映像で印象に残ったシーンです。

むしろ、これ以外は早朝だったり、深夜だったりで、仕事が忙しいせいもあって寝ていました(´・ω・`)


これ以外の感動的なシーンはニュース映像で観ましたが、どれも見ると「おぉぉぉ!」という感じでしたw


競泳男子の名言。

体操男子、内村選手の落下を克服したメダル獲得。

卓球女子準決勝でのシンガポール戦勝利。

フェンシング 男子 フルーレ団体準決勝での太田選手の残り1秒での一撃。

レスリング女子、吉田選手の無失点での圧倒的金メダル。



疲れた体にエネルギーをもらいました^^b

次の五輪は、4年後のリオデジャネイロ。

ジョルジュも4歳年を取るということですか(´・ω・`)

考えたくないので考えませんw



次回も五輪の記事を書こうと思います。

4年後ということじゃありませんよ←←




話は変わりまして、MJですが・・・


「何も進展なしw」


一度だけ強者になりましたが、段に逆戻りして、さらに降段しました(´・ω・`)


最近思うのは、雀力の伸びしろは無さそうだということを悟り始めました。

ネットや本を読んで勉強するまでの気合いはないので、ほどほどに楽しむ感じで行こうと思います^^


これからもよろしくお願いします

それではまた!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。